【電気錠】コスト・性能・デザインから選ぶおすすめ製品

皆さんはハイテクな次世代鍵製品「電気錠」をご存知ですか?

徐々に普及率も高まっており、ギザギザした一般的な鍵から交換を検討している人が多いようです。

今回は様々なメーカから販売されている電気錠に注目し、鍵交換に最適な製品をご紹介させていただきます。

電気錠に交換

 

目次

  1. 便利すぎる!?電気錠がこれまでの生活を変える
  2. 電気錠の性能について
  3. 鍵交換を行う手順
  4. 今話題の電気錠「○」
  5. まとめ

 

 

この記事でわかること

  • 電気錠の特長・性能
  • お勧めの製品情報

 

 

便利すぎる!?電気錠がこれまでの生活を変える

012.jpg

名前の通り、錠前(シリンダー)内部に電動機械を埋め込み、鍵の施錠動作を電動的に行ってくれるのが電気錠です。

扉の状態を信号として読み取り配信することもでき、遠隔操作による操作だって可能となります。と信号や施錠動作なんて言われても凄さが分かり辛いので、今主流の電気錠を特長ごとにご紹介させていただきます。

 

1.オートロックによる自動施錠

慣れるまでちょっと怖いと思われがちですが、実際に使ってみると便利すぎるのが「オートロック機能」

私も交換当初は、本当に閉まってるかな~?と毎回、施錠されてるか確認していたりと機能を疑っていました。

しかし、1週間も体感すれば非常に便利な機能であると気づきます。

玄関ドアを出た後に、振り返り鍵を閉める動作をしないことでストレスフリーで出かけることができます。

考えてみてください。

玄関を出て、バッグから鍵を「どこだ?どこだ~?」と探す手間なく、勢いのまま出かけられる爽快感というか、解放感!

地味だけど慣れると手放せない!それがオートロック機能なのです。

 

2.ICカードが鍵になる

電気錠には従来の鍵を必要としません。

製品によっては、非常事態用の鍵が付属されている物もありますが、基本はICカードや、携帯電話を鍵として登録することができます。

電子チップの信号を登録することで、鍵として使うことができるのですが、これがまた便利なんです。

電気ですから鍵見たいに取り出す必要はなく、カバーに入ったまま電気錠に近づけるだけで鍵を開けることができます。

また、メーカーによっては指紋や暗証番号機能もついており、鍵すら必要ない製品も存在します。

 

3.高い防犯性能で空き巣を寄せ付けない

電気錠は鍵穴を必要としません。

なので特殊工具を使ってのピッキングを行うことができないんです。

ピッキングしづらい鍵ではなく、ピッキングを行うことすらできないのが電気錠です。

まさに今後の未来を担うセキュリティ製品ですね!

 

4.近未来的なデザインに浮かれる

従来の鍵製品とは異なり、近未来を沸騰とさせるデザインの製品が多いです。

使ってみて思うのですが、やっぱり鍵を開けたり閉めたりする時にテンション上がりますよ。

時代の最先端を行ってるな~と感じますし、友人も「スゴイ!!」を息をのんで驚きます。

普及率は高くなっているので、そう感じられるのは今のうちかも知れません!笑

 

 

考えられる電気錠のデメリット

013.jpg

続いては電気錠に交換することで考えられるデメリットをご紹介いたします。

これまでの鍵とは大きく違うため、良い機能もあればそれが裏目にでてしまうこともあるものです。

私が購入後に気づいたデメリットを漏れなくまとめてみました。

普通の鍵より価格が高い

これだけ電子的な機能が備わっているのですから当然ですよね・・・

やっぱり、従来の鍵製品と比べると電気錠は価格が高いです。

様々なメーカーから販売されているので、価格帯もバラバラですけど、ギザギザした鍵なんかに比べるとコストかかっちゃいます。

当時、購入を決めた理由は、「一生モノ」であることと「泥棒から空き巣に入られない」というのが決め手となりました。平和の日本と言われていますが、空き巣被害の件数はほぼ毎年変わっていないので、事前の対策は重要ですよ!

 

自分で鍵の交換することが難しい

昔住んでいた家の鍵を防犯性の高い製品に自力で交換したことがあります。

当時はホームページ見ながら、苦戦しつつ4時間くらいかけて交換したんです。それでもちょっとガタツキがあって結局、鍵屋呼びました・・・

電気錠となると、電気を使うので配線も行う必要があり設置難易度は何倍も難しくなります。

ネット上で簡単に取り付ける方法と題したやり方はあるものの、初っ端から電動ドライバーが搭乗し、壁に大きな穴を開けるわで、どこが簡単なんだと・・・家が本懐しかねません。

ただ、メーカーによっては取付工事も行ってくれますよ。

では続いて、交換を検討している方へおすすめの電気錠をご紹介していきます。

 

電気錠を取り付ける流れ

96.jpg

電気錠の取り付け決して簡単ではありません。

電気レスのタイプもあれば、しっかりと何kwの電源を通す必要のあるタイプなど存在します。

取り付けるタイプにもよりますが、電気を通すための配線を行ったり、位置などをしっかりと計算してから行わないといけないということです。

 

なので大抵、電気錠を取り付ける場合は、鍵屋や電気屋に頼むこととなります。

依頼から取付までの大まかな流れは下記の通りですので、是非ご参考ください。

 

鍵屋に電気錠の取り付けを頼むとどうなるのか?

まずは店舗・電話に依頼することから始まります。

ここでまず聞かれるのが取り付ける電気錠を自分で持っているのか、それとも鍵屋から購入するのかです。(今回は自分で取り付ける鍵を持っている設定)

 

そしてすぐに取り付け作業!という訳には行きません。

よっぽど技術力を持っている会社でなければ、当日の設置工事は難しいため、一度現場状況の確認が必要となります。

配線を考えたり、壁を一部取り除いたりする必要がある場合は時間帯も選ばないといけないので当日での作業は、受け付けていてもお昼頃まででしょう。

 

現地調査終了後、改めて工事の日程を決めることになります。この日が決まれば後は施工日を待つだけですね。

通常の鍵よりも取付る難易度は増すため、少し手間がかかるというのはデメリットですね。

ただ、専門知識を必要とせず購入者自身が設置を行える電気錠も登場しているので、そちらの製品もご紹介いたします。

鍵屋以外に電気錠取付を頼む場合

65.jpg

鍵屋以外でも電気錠を取り付ける作業を行っている業者があります。

上の画像のような電気屋になるのですが、防犯アドバイザーがいる訳ではないので、防犯対策という面では相談できませんが、家の配線などを意識した設置が可能なのではないかと思われます。

また、修理も承っているので簡単なトラブルであれば解決してくれるのではないでしょうか?

今話題の電気錠「イージスゲート」

014

今人気の電気錠「イージスゲート」

シンプルなデザインに、十分すぎる機能が満載です。

基本的な機能は備わっており、不正侵入時の警報や、いたずら防止システムに、電池交換のお知らせ機能まで持っています。

そして人気である理由は「自力で設置」できることです!

先ほど私は書きました

電気錠は自力での設置は難しいと・・・・

しかしこのイージスゲート、製品サイトでも動画を公開している程、設置が簡単なのです。

つまるところ、「設置費用」がいらないので非常にリーズナブル!低コストこそ正義だ!!!!

使っている道具はたった1つ!どんな家にも1本は置いてあるプラスドライバーですよ。

安く抑えられるという理由が、人気たる秘訣のようですね。

工事不要で設置できる!?Akerun

95

高機能でありながら設置は簡単という、電子錠の概念を覆してしまった電気錠です。

簡単と言っても、壁に埋め込んだり、ドアにドライバーやドリルで作業しないといけないんでしょ?と声が聞こえてきそうです。

しかしこのAkerunはシリンダー部分の上に貼りつけるような感じで、ペタっと貼るだけなのです。

94.jpg

取り付けイメージはまさに上図のような感じで、そっと被せるだけ。

もしかすると、形によっては取り付けることのできない場合などもありそうですが、普及率の高い鍵には対応しているので、大抵は設置できるということです。

さらにこのAkerunは専用スマホアプリも準備しており、スマホさえあれば一瞬で鍵となるのです。まさに次世代って感じがしますね。

使い方としては、玄関用というよりは建物内の扉に向いているとのことです。

人気の高いQrio Smart Lock Q-SL1

64.jpg

キュリオは電気錠・スマートロックの中では断トツの人気を誇っている製品だそうです。

ソニーも開発に関わっているらしく、価格もお手頃でデザインもシンプルだということが人気の秘訣でしょうか。

スマホで鍵を開けることができるのは当然のことなのですが、鍵のデータを持ったスマホがあれば、近くに来ただけで開けることができるそうです。

便利とは言え、誤作動が少し怖い機能ではありますが、今後主流となってくシステムをいち早く取り入れた製品であることは間違いありません。

設置も簡単なため、購入してからすぐに使用することができます。

簡単に設置できるが、設置できない場合もある

63.jpg

簡単な設置が可能と説明したキュリオですが、場所や条件によっては設置することができない場合があるとのことです。

シリンダー本体に被せるように設置するため、規格外のシリンダーだとうまく装着できず、機能を果たせないのです。

装着できない一例として、サムターンの形が特殊だったり、仕組みが若干違うと使えないので、購入の際は事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

今回は電気錠の特長、デメリット、人気製品についてご紹介させていただきました。

もし鍵交換をお考えの方は検討してみてはいかがでしょうか?

広告

空き巣被害を99.9%減らす2つの防犯対策の技!イマスグ対策せよ!!

05101

空き巣による被害件数は毎年10万件を超えています。日本は約50万世帯ありますので、あなたが1年の内に空き巣被害に合う可能性はなんと

5分の1以上の確率であると言えます。

指折りすれば当たる確率なので、今空き巣対策を怠ることは非常に危険だと言えます。

空き巣犯だってわざわざ防犯対策されている家を狙いはしません。防犯対策が施されていない家を中心に狙っています。

となれば5分の1という確率はさらに上昇し、一般住宅が狙われる可能性は4分の1以上に!!!

 

今回は空き巣被害を99.9%未然に防ぐ究極の防犯対策を2つご紹介いたします。

 

目次

  1. この記事で伝えたい事
  2. 空き巣が狙う家とは?
  3. 「1の技」鍵交換による防犯対策
  4. 「2の技」簡単に窓を防犯ガラスに変えて対策
  5. まとめ

 

この記事で伝えたい事

  • 空き巣被害に合う可能性は1年間で4分の1以上!
  • 鍵交換で防犯対策を行うコツ
  • 既存の窓を簡単に防犯ガラスに変える方法
  • 空き巣被害はなくせる!

 

空き巣が狙う家とは?

05102

被害件数10万件のデータを1件1件確認していると被害にあっている家に共通点があることがわかりました。

その共通点とは「防犯対策が施されてない・意識していない家」です。

世帯収入の高い家」が狙われやすいと思われがちですが、世帯収入のある家というのはそれなりに防犯対策を施しています。高額だと噂のSECOMもしっかり取り付けられており空き巣犯も侵入したいはずですがリスクが高いのです。

なので少ない金額だろうと、足がばれないような住宅を選んで犯罪を犯しているのです。

 

空き巣被害にあっている家はどれも「鍵」「窓」に防犯対策を施しておらず、どちらも対策を行っている家の被害率は全体の1%未満です。その内の被害理由は鍵の閉め忘れとのこと。

つまり、鍵と窓の両方に防犯対策を施せば空き巣被害をほぼ0に抑えることができます。

 

「1の技」鍵交換による防犯対策

05103

鍵の防犯対策としておすすめなのが「鍵交換」です。古い携帯電話いわゆるガラケーから、スマートフォンに切り替わったように、現在の鍵も知らぬ間に多大な進化を遂げています。

昔はギザギザした鍵「ディスクキー」が主力製品でした。しかし今は丸いくぼみのある「ディンプルキー」と呼ばれる鍵が存在します。

ディンプルキーの特長はギザギザした部分が1つもないこと。その変わりにポコポコと丸いくぼみがあり見た目は防犯性能の低そうな鍵です。

しかし従来の鍵よりも防犯性能は段違い!ピッキングによる不正開錠はほぼ不可能で、ドアを壊さない限り開けることができないほどに強力です。

昔は高価だと言われ交換にも一苦労だと言われいてたディンプルキーですが、安いモデルだと3000円で購入することも可能です。もちろん高額なほど精度は高い(壊れにくい)のですが、防犯対策として見るのであれば大差ありません。

 

 

「2の技」簡単に窓を防犯ガラスに変えて対策

05104

空き巣が侵入口として利用するのが「玄関」と「窓」です。特に窓はガラスを割るだけという簡単な方法で侵入することができるため、侵入口として選ばれやすいのです。また割り方によっては音を出さないなどの空き巣技術も浸透しています。

近年では玄関よりも窓からの侵入が多いという調査結果もでており、また2階以上の窓は狙われないという話は過去となり、今では3階の窓から侵入したという空き巣被害も出てきています。

そこで窓にうってつけの防犯対策が「防犯ガラス」に変えてしまうことです。

 

防犯ガラスに変えるとガラス代も施工代もかかるので数十万の費用が発生します。しかし、そんなことをしなくても既存の窓ガラスを「防犯ガラス」に変えることができるのです。

それが窓に貼りつける防犯フィルムです。防犯フィルムの良いところは低コストでありながら、防犯ガラス同等の強度を持っていることなんですね。

施工も簡単なため、業者に取付依頼する必要もありません。さらに、耐震もあるため震災によるガラス割れも防ぐことのできます。

 

 

まとめ

防犯対策の技を2つご紹介しましたが、その他にも防犯対策の手段はありますが、今回紹介した方法でほぼ全ての空き巣被害を抑えることができます。他にも+αで行うもよいですがコスト面でみると費用に適した効果は得られていないというのが現状でしょう。

しかし、防犯製品が進化しているように空き巣犯が使用している工具も進化しています。

現状では侵入不可能な防犯対策でも、50年後には全く無意味になることだってあるため防犯対策について常日頃から意識するということが空き巣対策に最も効果的な手段なのかも知れません。

積雪による鍵トラブル!雪が原因で発生する事例とは【鍵トラブル】

1月も後半になると全国各地で積雪注意報が見られます。ダイヤは乱れ、事故が多発し積雪による被害は甚大なものです。

今回は積雪によって起きた鍵トラブル事例をご紹介いたします。

011801

続きを読む

鍵交換の費用相場 – 最安鍵業者をご紹介!鍵交換を考えている人は必見です!

意外と直面する機会の多い鍵交換ですが、全て業者に任せているので料金の相場なんてよくわからないという方が多いのではないでしょうか?

今回は鍵交換を行ってくれる鍵業者と料金相場についてご紹介いたします。

011501

目次
  1. この記事で伝えたいこと
  2. 鍵交換を必要とする事例
  3. 交換に必要な物
  4. 鍵交換の料金相場
  5. 最安なおすすめ鍵交換業者
  6. まとめ

 

この記事で伝えたいこと
  • 鍵交換の事例は様々
  • 必要な物は、鍵製品と工具
  • 料金の相場は20000円~50000円!?
  • 鍵交換費用を抑えるなら業者選びが大事

 

 

鍵交換を必要とする事例

011502

壊れてしまったから交換を行ったり、防犯性能の高い鍵に交換したりと交換の機会は人それぞれです。特に多い交換事例をまずはご紹介いたします。


古い鍵から最新の鍵に交換

築年数の古い建物にはいまだにディスクシリンダーと呼ばれるギザギザの古い鍵が取り付けられています。ディスクシリンダーはピッキングに弱く、その手のプロならば30秒程度で開けることができる危険な鍵です。そのため、ディンプルシリンダーと言った最新の鍵に交換する人が増えています。


電子錠・スマートキーに交換

普及率が高くなっている電子錠・スマートキーへの鍵交換も増えています。種類も増えて、料金バリエーションも豊富になったため購入しやすくなりました。しかし電気配線など難しい設置工程があるため鍵業者に頼む必要があるとのことです。


空き巣に入られたので鍵交換

空き巣の被害に合った人も鍵交換を行う方が多いようです。(むしろしないと危険です。)

ピッキングやバンピング、空き巣の侵入手口もどんどん進化しており、従来の鍵では防犯の役目を果たしません。対策として鍵の交換は必須です。


設置している鍵が壊れたので交換

鍵って壊れる物ではないと思われがちですが、意外と簡単に折れたりします。鍵穴の中で折れると交換しないといけないパターンが多いため、普段から乱暴に扱わないように気を付けましょう。

鍵の寿命は平均して10年程度。無理に利用しないかぎり一生利用することも可能ですが、最近は鍵の精度もあがってきたため小さな傷やホコリで鍵が壊れる場合があります。


 

 

鍵交換に必要な物

011503

鍵交換を行うために必要な物、まず第一に必要なのは【交換する鍵製品】です。

製品価格によりますが、だいたい5000円~30000円の製品に交換する人が多く見られます。続いて必要なのが、鍵交換のための道具です。

プラスドライバーや、マイナスドライバー、ネジやハンマーなどが必要となります。

また、電子錠などを取り付けるとなるとさらに配線知識が必要となります。

 

 

鍵交換の費用相場

011504

できるだけ鍵交換の費用を抑えたい!そもそもいくらくらいするのかわからない!と言う人のために鍵交換の料金相場をご紹介いたします。

  • 交換する鍵製品 5000円~30000円
  • 鍵交換の作業料金 約10000円
  • ※鍵開け料金 約8000円
  • 出張料金 約5000円

 

上記が鍵交換にかかる主な料金です。ザックリいうと料金は3パターンに分けられます。

防犯性能の低い安い鍵に交換した場合は20000円くらいが相場です。

防犯性能の高い鍵に交換した場合は45000円と一気に料金は跳ね上がります。やはり製品によっての金額差はどうしもないですね。

そして例外パターンとして、鍵開け料金が必要な場合は53000円が相場になります。例えば鍵を失くした状態から交換を依頼する場合、一度ドアを開けないといけないため、鍵開け料金が発生します。別作業が入るため、鍵開けという作業料金が発生するので要注意です。

 

 

最安のおすすめ鍵交換業者

鍵製品もそこそこ高いので、鍵交換の料金が高くなるのは仕方ありません。ですが、できることなら鍵交換なんて安く済ませたいですよね?

24時間全国対応の鍵交換業者をリスト化しましたので、交換を行う際の業者選びにご活用ください。


ハイパーロックレスキュー

011505

様々な地域に対応している鍵交換業者です。一般的な鍵から防犯性能の高い鍵製品、電子錠・スマートキーなども準備しているので、色んな鍵製品を見てから選びたいという人にお勧めです。

ただ残念なことに、料金表が一切公開されておりません!

相場よりも高くなりえることもあるので、事前に料金などは相談しておくと良いでしょう。

http://hyogo.lock-hyper-rescue.jp/

0120-818-958


鍵の110番救急車

011201

こちらも全国に対応している出張鍵屋です。24時間対応なので時間を選ばない所が良く、交換できる鍵の種類もネット上に公開しているため事前に料金を把握しやすいのでおすすめです。

鍵交換作業は8000円と相場の10000円よりちょっと低めに設定されています。

http://www.kagi110qq.co.jp/

0120-3333-99


クラピタル

011506

こちらも全国に対応している出張鍵屋さん。鍵交換費用は鍵の110番救急車と同じく8000円なので、作業料金は通常よりも低めに設定されています。初回に限り1000円引きというお得なキャンペーンも行っているので、まだクラピタルを利用したことがないという人にはお勧めです。

ただし、全ての作業が他業者への外注となるため、金額は仕事を行う外注先次第(見積もりを行うため)らしいです。

http://kagi.kurapital.info/

0120-987-589


 

 

まとめ

今回は鍵交換の料金相場と鍵業者についてご紹介いたしました。

意外と費用のかかる鍵交換ですが、行わないといけない機会の多い鍵トラブルの1つです。できるだけ料金を抑えてお得に活用しましょう。

ピース&セキュリティジャパン【鍵屋の口コミ・比較】

今回は鍵交換を中心に行っている鍵屋【ピース&セキュリティジャパン】の会社情報をご紹介いたします。

鍵交換や鍵の取付けサービスをお安く提供!ピースロック

 

目次

  1. この記事で伝えたいこと
  2. ピース&セキュリティジャパンとは
  3. 主なサービス
  4. ピース&セキュリティジャパンの口コミ
  5. まとめ

 

 

この記事で伝えたいこと

  • 鍵交換を事業として行っている会社
  • 鍵開け・鍵作成などの作業は行っていない
  • 出張エリアは関東のみ
  • 出張費用がかかるエリアと無料のエリアがある

 

 

ピース&セキュリティジャパンとは

鍵交換や鍵の取付けサービスをお安く提供!ピースロック (2)

ピース&セキュリティジャパンは東京に事業所を構える鍵屋さんです。主な特徴としては鍵開けなどの緊急作業を行っているのではなく、鍵交換を中心とした事業展開を行っています。

豊富な鍵メーカーの製品を扱っており、好きな製品に交換・修理することができます。

 

会社概要

社名:株式会社ピース&セキュリティジャパン

住所:〒114-0015 東京都北区中里1-14-8

電話:03-4455-3279

代表:不明

URL:http://www.psjapan.com/

 

 

主なサービス

鍵交換や鍵の取付けサービスをお安く提供!ピースロック (1)

鍵交換がメインだけあって、ウェブサイトにアクセスすると様々な鍵製品の情報が記載されています。また製品ごとの交換費用も掲載されているので、見積もりなどをチェックする手間もかかりません。

鍵の種類はディスクシリンダーから防犯性能の高いディンプルシリンダーまで準備されています。さらに特殊な電子錠などの交換も可能です。もちろん先日の記事でご紹介した装飾錠への交換もできますよ。

ピース&セキュリティジャパンは全国対応ではなく関東エリアでのみ出張対応しています。出張範囲は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の4エリアなのでお近くの方は相談してみると良いでしょう。※地域によっては行けない箇所もあるとのことです。

 

 

ピース&セキュリティジャパンの特徴

地域によっては出張料が発生する

出張地域全てが無料ではないので利用する際は事前に確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

今回はピース&セキュリティジャパンの会社概要やサービス特徴についてご紹介いたしました。

鍵交換を予定しているのであれば一度参考にしてみると良いかも知れません。

我が家の鍵をディンプルシリンダーに!実費用はおいくら?

徐々にディンプルシリンダーが普及されているとは言え、まだまだギザギザタイプのディスクシリンダーが設置されている家やマンションは多いものです。

今回はディンプルシリンダーに交換する費用がどれくらいかかるかご紹介いたします。

120201

続きを読む

防犯性能を高めるお勧めの鍵!鍵交換ならディンプルシリンダーに!

様々な手口で後をたたない空き巣被害。

貴方の家は防犯対策を施していますか?

今回は防犯を高めることのできる鍵をご紹介いたします。

110601

 

目次

  1. 一般的な鍵は防犯性能が低い?
  2. ディンプルシリンダーとは?
  3. ディンプルシリンダーの平均価格
  4. まとめ

一般的な鍵は防犯性能が低い?

110603

今あなたの家に取り付けられている鍵はどんなタイプですか?

もしかしてギザギザしている一般的な鍵ではないでしょうか?

ギザギザしたタイプを【ディスクシリンダー】と言います。普及率が高く多くの家に設置されています。

しかし、構造自体が非常にシンプルなためピッキングやリロッキングなど、不正開錠が容易に行われてしまいます。

ディスクシリンダーを利用しているのであれば、ディンプルシリンダーに鍵交換するのがお勧めです。

 

 

ディンプルシリンダーとは?

110602

ギザギザではなく、丸いくぼみが複数あるタイプをディンプルシリンダーと言います。

一見、形状だけが違うようにしか見えません。

しかしディスクシリンダーと比較して、防犯性能は数倍高いと言われています。

 

ディンプルシリンダーは複数のピンが様々な角度から噛んでロックしています。そのためピッキングといった不正開錠に強いのです。

恐らく、ディンプルシリンダーを不正開錠できる人物はこの世にそういません。

 

防犯性能が高いためか、鍵屋さんに鍵開けを依頼すると高額になりがちです。

 

 

ディンプルシリンダーの平均価格

110604

防犯性能が高いディンプルシリンダーの平均価格をまとめてみました。

鍵の主流は、ディスクシリンダーからディンプルシリンダーへと移り変わっており、多くの鍵メーカーから販売されいます。

平均価格は1万5千円程度。

安い鍵で5000円、高いものだと数万円する鍵も存在します。

 

 

まとめ

  • ディスクシリンダーは防犯性能が低い
  • ディンプルシリンダーが鍵の主流となってきた
  • ディンプルシリンダーはピッキング耐性がある
  • 平均価格は15000円程度

 

今回は防犯性能の高いディンプルシリンダーについてご紹介いたしました。

もし玄関扉にディスクシリンダーが使用されているのであれば、ディンプルシリンダーへの交換をおすすめします。

空き巣手口が発達していますが、防犯性能も比例して高くなっているようですね。

 

 

難しさは2倍!ウェーブキーの仕組みと交換価格について

utimizokey

鍵の種類は私たちが想像している以上に豊富です。

その中でも特徴的なのがウェーブキーと呼ばれる2種類の構造を持つ鍵!

今回はウェーブキーの仕組みについてご紹介いたします。

 

続きを読む