ホームセキュリティの比較・お勧め – 泥棒・空き巣対策はホームセキュリティで万全

防犯と言えば「鍵」だった時代も変わりつつあり、今では「ホームセキュリティ」という言葉・考えが広まってきています。

ホームセキュリティだなんて大げさな・・・と謙遜してしまうかも知れませんが、海外ではホームセキュリティなんて当たり前で、日本でも今後多くなっていくはずです。

今回はホームセキュリティについてサービスの詳細と金額、お勧めのセキュリティ会社をご紹介いたします。

010.jpg

 

目次
  1. ホームセキュリティの普及について
  2. 主なサービス一覧
  3. お勧めのホームセキュリティ会社
  4. まとめ

 

ホームセキュリティの普及について

ホームセキュリティと聞くと貴方はどういったことを連想するでしょうか?

2014年ごろに行われたアンケートでは下のような意見が代表的に紹介されていました。

 

「自分の家には大げさすぎる」

「月額での契約が必要になるので出費がかかる」

「そもそもどんな効果があるの?」

 

もしかしたら、あなたもこのような意見ではないですか?

セキュリティ会社と聞くと、個人宅よりも企業を対象としたサービス展開がイメージされます。

それに鍵もつけてるのだからわざわざホームセキュリティなんて必要ないなと考える人も多いのもわかります。

実際、2013年の都内統計によるとホームセキュリティの普及率はたったの6.2%という結果が出ました。

 

それから数年、普及率は上昇しているものの、現在10~15%程度になります。

ホームセキュリティ80%を超える海外からは「ありえない」という声があがっていますが、治安が違うため日本の防犯意識は低いので仕方がありません。

 

しかし、ホームセキュリティはよくわからないし、なんとなく必要ないと思う。だけで判断していてはもったないしですし、危険です。

空き巣被害もエスカレートしていますし、個人向けのセキュリティサービスが多く展開され始めています。

全てを失ってからでは遅い!ぜひこの機会にホームセキュリティのサービスをご確認ください。

 

主なサービス一覧

ホームセキュリティと言っても、なんとなくはわかるけど具体的にどういったことをしてくれるのかサッパリ。

では主なサービスを一つ一つ見ていきましょう。

 

  1. 家への侵入を見逃さない
  2. 閉め忘れを知らせてくれる
  3. ブザーで犯人を威嚇する
  4. 定期的な管理
  5. 緊急対処員の駆け付け
  6. 被害補償

 

家への侵入を見逃さない(1/6)

まず契約と同時に行ってくれるのが、扉と窓にセンサーを取り付けるサービスです。

どのドアが開いたのかを感知して知らせることができます。

泥棒が侵入してきた場合、どこから入ってきたのかがわかるため、泥棒の位置を把握して安全に逃げることができます。

セキュリティ会社によっては、施工証明であるシールも貼りつけます。セコムのシールを見かけたことがありますよね?あれはセコムを導入しているという証明のシールです。

 

閉め忘れを知らせてくれる(2/6)

センサーを取り付けることにより、扉や窓の鍵がきちんと閉まっているかも確認することができます。

確実に鍵のかけ忘れを防ぐことで、泥棒の侵入を防ぎます。

 

ブザーで犯人を威嚇する(3/6)

センサーが感知すると、警報音が鳴り響き侵入してきた泥棒を威嚇します。

ブザーが一定時間なり続けるとセキュリティ会社に連絡が届き、対処員がただちに現場調査へ向かいます。

 

定期的な管理(4/6)

センサーは機械なので定期的なメンテナンスや試運転が必要です。面倒なメンテナンスや試運転もセキュリティ会社がやってくれるので維持が楽ちんです。基本的には契約に含まれているサービスなので追加費用も発生しません。

 

緊急対処員の駆け付け(5/6)

ホームセキュリティの神髄。それが緊急対処員による駆け付けです。

いくらセンサーがあって、ブザーで犯人を威嚇しようと自身が留守では意味がありません。犯人への威嚇だけでは撃退できない場合だって考えられます。

しかし緊急対処員がいれば留守でも安心です。センサーが部外者を感知するとその場へセキュリティ会社の緊急対処員が直ちに向かい、調査を行ってくれるのです。

これまで犯人をその場で対処したというケースも多く、便りになるサービスではないでしょうか。

 

被害補償(6/6)

もしホームセキュリティを設置しているのにも関わらず、泥棒被害に合ったらどう思いますか?

お金の無駄だった。ホームセキュリティなんてやはり必要ないのでは!?

そう思わせないため被害補償サービスなるものが存在します。

もしホームセキュリティが作動して、被害を食い止められなかった場合、「50~200万円」が被害補償としていただけるようです。

被害も守れて、もしもの時は保証もあるお得なサービスです。

 

ホームセキュリティだけで防犯対策は完璧ではない?

98

実はホームセキュリティに関して良くない噂が流れています。

それは「空き巣はホームセキュリティの設置されている家を狙う」という話題でした。

防犯対策として設置しているにもかかわらず狙われるというのはどういうことなのでしょうか?

 

金品が多いという理由で狙われる

狙われる根拠の一つとして、ホームセキュリティを設置する家はある一定のお金を持っていると思われているからです。

月額制で設置するセコムと契約してでも家を守りたい=一般の人よりもお金を持っていると認識されてもおかしくありませんよね。

しかし、防犯対策としてセコムしている訳ですから、それで空き巣に入られるとなると矛盾していますよね?

どうやら、金目の物を狙うのに時間はかからないことから、セコムの警備隊が到着する前に逃げればよいというのです。

 

現状の認識としてホームセキュリティを設置すれば安心だと思っている人もいるようですが、あくまでも防犯対策の1つです。

金庫を置いたり、ダミーの防犯カメラを設置したりなどホームセキュリティを契約する以外にも防犯対策はあります。

その他の対策と併用することで、より効果を出せるシステムですので、設置すれば安全という甘い認識は考え直した方が良さそうです。

結局、ホームセキュリティの設置は意味があるのか

97

ホームセキュリティを設置できる=セキュリティに回すほどのお金がある。と誤解されてしまうことから、アルソックやセコムを設置する意味は無いという意見もあります。

しかし泥棒の心理は「この贅沢そうな家で一発当ててやろう!」よりも「絶対につかまりたくないから、防犯対策の弱そうなところを狙おう」という犯行が多いです。

ホームセキュリティを準備することで、犯行現場を捉えられる確率は上がるので、決して狙われやすくなることはなく、むしろ減ります。

先ほども記載した通り、最強の対策ではなく数ある中の1つと考えるようにしてください。

空き巣は住居者の死角を狙ってきます。ホームセキュリティを設置したから安心だという死角を利用してくる場合もあるのです。

感度が高すぎて、関係ない時にセキュリティが作動する?

WS000011

家を守るセキュリティサービスですから、誤作動による警報なんてあってはなりませんよね?

特に初めての警報通告が来た時なんか、大事な用事があっても気が気でならず家に帰りたくなります。(警報が作動した場合、電話やメールにてお知らせが届く)

 

現状、システムが完全じゃないのか、はたまた設置工事が甘かったのかはわかりませんが、誤作動があったという報告を聞いています。

メーカーによっても作りや精度は異なりますので、料金が安いから!という理由だけで選ばない方が良いでしょう。

せっかく家を守るホームセキュリティを、ただ取り付けるという目的だけではダメなのです。

 

ホームセキュリティ設置にかかる費用・料金

WS000011.JPG

やはり誰もが気になるのが設置にかかる費用目安です。

有名なセコムのレンタルであれば月額約6000円で設置することができます。

また、システム一式の買取であれば月額4500円で購入することもできるのですが,初期費用として約30万円近い支払いが必要となります。

システムの買取とは言え、セコムが24時間体制で管理することになるため、月額費用に大きな差がでないのが残念。

単純計算で約17年間設置すれば元が取れるという算段ですが、あまりメリットはなさそうですね。

 

お勧めのホームセキュリティ会社

今回はホームセキュリティに関するお勧めの会社を3つ紹介したい。

 

シェア率NO.1のセキュリティ会社 セコム

空き巣対策 - 不在時の窃盗・盗難対策|ホームセキュリティのセコム.png

セキュリティ会社の中では断トツのシェア率を誇り、多くの人が名前だけでも知ってい会社である。

ホームセキュリティは補償もあり、待遇は良し。センサーライトや強化ガラスなど様々なセキュリティ対策製品を点火しています。

ホームセキュリティサービスは月額4500~にて契約を行っている。金額は部屋の広さや設置するセンサーの数によって変わってくるので金額の詳細を知りたい場合は見積もりが必要となる。

ホームページを見る限り、2階立ての3LDKで5800円程度とのこと。

 

動画でサービスを紹介しているのでこちらも見ておくと良いだろう。

 

セコムに並ぶホームセキュリティ会社 アルソックの特長

66

セコムはホームセキュリティとして有名ですが、右にならぶ企業と言えば間違いなく挙がってくるのがアルソックです。

インパクトのあるCMが有名で、今ではホームセキュリティの代表会社はと聞かれたら一番に思いつくほどです。

しかし、実際のところどんなサービスを提供しているのか?だったり価格は平均よりも安いのか?と聞かれると知らない人が多いのではないでしょうか?

名前だけは知れ渡っているけど、サービスについては具体的に説明していないため業界内でどういった立ち位置なのかもわかりません。

アルソックは平均より若干低めの金額設定にも関わらず、拠点数も多く安心できるセキュリティサービスです。

サービスの提供パターンも、家庭から1人住まいの人にもお勧めできるオールマイティな会社です。

株式会社MAJI

mivatek%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%ad%a3%e8%a6%8f%e4%bb%a3%e7%90%86%e5%ba%97-%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%bemaji

インターネットを活用してどこにいても家の様子を確認することのできるホームセキュリティ製品を多く取り扱っている会社。

主に販売されているのは扉用と窓用のセンサーと、ウェブカメラである。

セコムと違って警備員が出動してくれるサービスではないのだが、自宅を離れていても室内を確認でき、不法侵入がないかもみうことができる。

一通りのセットがそろって58,000円と購入のみで済むのでリーズナブルに行えるホームセキュリティである。

 

ホームセキュリティ比較 ズバット

セキュリティ大手7社から!あなたのお住まいに合わせたプランと料金が一括査定で見つかる【ズバット ホームセキュリティ比較】.png

セコム以外にも様々なホームセキュリティサービスを提供しているが、1つ1つを確認するとなると手間がかかりますよね?

そこで一気にホームセキュリティ会社を比較できるウェブサービスがあります。それが「ホームセキュリティ比較 ズバット」です。

かんたんに言うと、車売却の見積もりサイトのようなもので、自宅の広さやセキュリティのレベルを伝えれば7社の見積もり結果を確認することができる。

どこが良いのかわからない・・・そんな方は一度ズバットで調べてみると良いだろう。

ホームセキュリティ比較項目

93.jpg

ホームセキュリティを比較する場合は何を基準にすればいいのでしょうか?

比較となるポイントは料金と、防犯性能です。

料金に関しては言わずもがな、基本的に月額料金が発生いたしますので、なるべく安いのを選ぶと良いでしょう。

 

続いて防犯性能の比較に関してですが、これは見分けるのが少し難しい項目です。

目に見えないものなので、一概にこの会社が素晴らしいとは言えません。

ただ、防犯性能の1つとして、不法侵入があった場合「どのくらいの時間で駆け付けられるのか?」は比較対象として挙げられます。

10分後に到着できるセキュリティ会社よりも、5分以内に到着する会社の方が安心です。

 

セコムや、アルソックと言った企業が有名ですが、知名度ではなく「その会社は自宅にどのくらいのスピードで来れるのか?」で考えてみてください。

ホームセキュリティ会社の到着時間は簡単に調べられない?

90.jpg

先ほど、到着時間を調べてなるばく早く到着できるところをおすすめすると言いましたが、実は簡単に調べられる訳ではありません。

何故なら、各セキュリティ会社は拠点の住所を公開していないからです。

公開しない理由として、空き巣犯が到着時間を逆算してしまうからなのです。

では、どうやって到着時間を確認すれば良いのかというと、一度お問い合わせしてみる他ありません。

3社検討したいのであれば、3社全てに問い合わせをします。

面倒ではありますが、確認方法は一度見積もりを行ってもらう他ないのです。

 

重要なのは契約前になるべく聞けることを聞いておくことです。思ったより警備隊の到着時間が遅いなんてことは、ホームセキュリティとしての役目を果たしていないも同然です。

警備隊が到着する時間は5分以内にする

86.jpg

ホームセキュリティ会社を選ぶ時のポイントの一つとして「5分以内に到着できる会社」と言われています。

空き巣の行動を元に、侵入を試みる時間帯が「5分まで」と言われており、5分以上かかる場合は、ターゲットとなる家を変更するそうです。

なので空き巣犯を捕まえるタイムリミットは5分と考えると、警備隊の到着が5分以内になる会社でないと意味をなさないということです。

実際のところ、60秒で到着というのは難しいですが「4分」であれば到着できるホームセキュリティ会社も多く存在します。まずは相談してみて、話を聞いてみることから検討してみてください。

ではそれ以外は契約しない方が良いのかというとそうではありません。

やはり契約している証があるだけでも、泥棒は警戒しますので防犯の役割は大きいと言えます。

ホームセキュリティはマンション・アパートでも導入できる?

68

ホームセキュリティを導入したいけど、今住んでいるところが賃貸マンションやアパートなんだよなという人もいるのではないでしょうか?

それでもご安心ください。

全ての業者ではありませんが、セコムといった会社でも賃貸契約者でも導入することができます。

料金は防犯装置の設置数や面積なども影響するため、戸建て住宅よりも安上がりになる場合もあるので、意外とお得です。

また、泥棒の侵入経路として有名なのはベランダです。

ベランダは防犯対策が難しいので、ホームセキュリティで大幅に対策を強化できるのも良い点でしょう。

むしろ賃貸だからこその意味もあるのではないでしょうか?なんせ、アパートやマンションが狙われている確率は被害数全体の4割近くもあるそうなのですから。

 

 

まとめ

今回はホームセキュリティのサービス紹介から、サービス提供会社についてご紹介しました。

理想の企業がないということであれば、個別に状況に応じたおすすめもご紹介いたします。

安く済むセキュリティサービスもありますので、もしも自宅お防犯対策を高めたいということなら一度ホームセキュリティを検討してみてはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中