鍵の学校に入れば鍵屋として独立できる!鍵師の養成学校をご存知ですか?

ピッキングツールを使用して鍵開けや鍵修理を行うその様はまさに職人と技。

鍵トラブルが急増している今、彼ら職人達はどのようにして鍵の技術を学んだのでしょうか?

 

独学で鍵の構造を覚えたのか、はたまた師匠から譲り受けた技術なのか・・・

つまりニワトリが先に生まれたのか、タマゴが先にできたのか。

今回は鍵職人誕生の秘密に迫りたいと思います。これを読めばあなたも鍵の技術が身に付く!?

011205

 

目次
  1. この記事で伝えたいこと
  2. 鍵屋はどこから生まれるのか
  3. 鍵の技術を覚える方法
  4. 鍵の学校はどこがお勧め?
  5. どんな技術を学べるかで選ぶ – 学校選びのコツ
  6. まとめ

 

この記事で伝えたいこと
  • 鍵屋になるための学校が存在する
  • 複数学校がありどの学校も授業料はほとんど同じ
  • 平均授業料は30万円
  • 鍵屋への正社員・開業サポートがある
  • 鍵の学校選びの重要ポイント

 

 

鍵屋はどこから生まれるのか

111802

鍵師と呼ばれる職人たちはどこで技術を学び、どうやって鍵屋を始めることができたのでしょうか?

空き巣が鍵開け技術を自分のためではなく、他人に使うようになったから?

鍵の構造を研究して開けられるようになった、もしくは鍵製品のメーカーの一人が独立したのか?

 

聞き込みを行った結果、多くの人が独学ではなく「先生」から鍵に関する技術を学んだと答えます。

さらに鍵開けの技術を教えてくれた先生とは何者なのか聞いてみると鍵の学校なるものが存在することが判明しました。

それも1つではなく、鍵の学校いくつかあるのでまとめてご紹介いたします。

 

鍵師/錠前技師養成学校について

91.jpg

実際に鍵の学校と検索してみると決して数は多くありませんが、鍵の学校に関するサイトがいくつか見つかります。

中には学校ではなく、フランチャイズ契約するのであれば技術を教えるところもあったりと、鍵開けや交換に関する技術の覚え方は様々です。

フランチャイズ契約以外、料金はだいたい同じ程度と言ったところでしょうか。

 

鍵の学校 ロックマスター養成講座

111804

豊富な講師、最新の鍵技術(※ここ重要ですよ)を学ぶことができる学校です。

技術だけではなく提携店がいくつもあるらしく、鍵業界への就職サポートも行っているとのこと。

また、開業のための支援もあり、鍵屋に必要な道具も一通り揃えることもでき、卒業後も何時でも学校に来てもよいというアフターケアもあり、様々な面で充実しています。

授業コースは全部で3つ存在し、料金は28万円、38万円、48万円と料金も明確に表示されていました。

どれも基本的な鍵技術を覚えられるようですが、高額なコースになると鍵だけでなくセキュリティに関する講義もあり、防犯アドバイザーとしての知識も身に付くようです。

また、取り扱う鍵も一般住宅に設置されているようなものから、車やバイクの鍵などと豊富に取り揃えています。

  • お手軽開業コース/28万円/2週間の授業
  • 短期集中コース/38万円/8日間の授業
  • おすすめ開業コース/48万円/2カ月の授業(卒業後も授業を受けられる)

 

マルチ救急24

111805

鍵の技術を教えてくれる学校ではなく、鍵屋のフランチャイズですが、フランチャイズ加盟することで鍵技術の講習を受けることができます。

鍵だけでなく水道やガラス交換などの事業も手掛けている全国規模の会社です。

事業内容などは記載されていませんが、フランチャイズとして加盟すると30日間の技術講習が行われるとのことでした。

コースの選択はなく、加盟金80万円、初期商材費用360万円、技術講習費用40万円の合計480万円が必要となります。(消費税なんか合わせたら500万円超えます)

※初期商材費用には車両も入っているため、車が必要ない場合はもう少し抑えられるとのことです。

 

 

関西ロックアカデミー

111806

体験入学も行っている関西の鍵養成学校です。

卒業生の多くが鍵屋として開業しており、自分のお店を始めたいという人向けの学校です。

コースは全部で3つあり、20万円(基礎)、20万円(中級)、30万円(上級)とロックマスター養成講座同様に料金がしっかりと公開されています。

基礎、中級(20万円のコース)では30時間~50時間の授業となるので短期で技術を学ぶことができます。

じっくりと技術を覚えたいという方には、時間関係なく1年間通える上級コースがお勧めです。(車やバイクの鍵開け・鍵交換は上級コースのみ)

問題点は上級コース以外は鍵の技術も初歩的なものが多く、車などの対応が学べないという点でしょう。

  • 独立開業基礎コース/20万円/30時間の授業
  • 独立開業中級コース/20万円/50時間の授業
  • 独立開業上級コース/30万円/期限なし(1年間は好きなように授業を受けられる)

 

ロックスミス 鍵のスクール

111807

鍵のプロを目指す人を応援している、ロックスミス鍵のスクール。

入校者は開業を目的として入学する人が多く、鍵屋仲間もつくることができます。

授業内容は鍵の名称から学び、ピッキング技術、交換技術などを学べます。

コースが2つ存在していますが、どちらも25万円で授業を受けることができます。その他の教材費用は発生しません。

  • 独立開業就職コース/25万円/50時間の授業
  • 短期集中コース/25万円/50時間の授業

 

鍵の学校はどこがお勧め?

111803

どこも基本的な技術は教えてくれるはずなので、学び足りないことや開業して困ることはなさそうです。(マルチ救急24だけは学校ではないので、授業内容が一切公開されておりません)

選ぶ判断基準としては、授業時間、料金、アクセス方法を重視してみると良いでしょう。

鍵開けや交換の技術はコツ・センスも必要となってくるので、長い期間勉強できて自分で納得できるような技術を身に着けるのがベストです。

各学校、資料請求に対応しているので気になる学校を見つけたら相談してみるのも良いでしょう。

 

鍵の学校 ロックマスター養成講座 / http://www.lockmaster.jp/

マルチ救急24 / http://www.axs-k.com/

関西ロックアカデミー / http://www.kisweb.ne.jp/personal/kagiya/

ロックスミス 鍵のスクール / http://www.kagishi.jp/index.php

 

どんな技術を学べるかで選ぶ – 学校選びのコツ

鍵のトラブルって本当に色々あります。

鍵を無くした人もいれば、鍵がシリンダー内で折れたという人。

車の中に閉じ込めてしまったりする人や、最新のセキュリティ技術を搭載した鍵に交換したい人など様々です。

あなたは将来どのような方法・技術を駆使して鍵屋を始めたいですか?

独立後の成功の要は、鍵の学校選びから既にはじまっています。

 

 

まとめ

  • 鍵屋になるための学校が存在する
  • 学校は複数あり、コースもいくつか存在する
  • 鍵学校の平均授業料は30万円
  • フランチャイズとして開業することもできる

 

今回は鍵師養成講座についてご紹介いたしました。

もしも鍵屋に興味があるようでしたら、各学校に資料請求や電話相談してみてはいかがでしょうか?

広告